市場だけではなくすすめる等、

JUGEMテーマ:花のある暮らし



きちんと知っておきたい用語。スウィーブサービス⇒普通預金口座と同一金融グループの証券取引口座、この間で、株式等の購入代金や売却益が手続き不要で振替される便利なサービス。同一金融グループ内での優良顧客を囲い込むための戦略なのです。
きちんと知っておきたい用語。外貨両替はどんな仕組み?例えば海外へ旅行にいくとき、その他外貨が手元になければいけない企業や人が利用されるものである。ここ数年、日本円に不安を感じているためか、外貨を現金で保有する場合も増えている。ポイント⇒為替手数料はFX会社と銀行で大きく異なる。
一般的に金融機関の能力格付けというものは、信用格付機関によって金融機関を含む国債を発行している政府や、社債を発行している企業、それらについて支払能力などを一定の基準に基づいてできるだけ公平に評価する仕組み。
知らないわけにはいかない、ペイオフについて。予期せぬ金融機関の経営破綻のとき、金融危機に対応するための法律、預金保険法で保護しなければならない預金者(法人・団体も含む)の預金債権について、機構が預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う制度である。
小惑星探査機「はやぶさ」の帰還が話題になった平成22年9月11日、日本振興銀行が経営破綻する。このことによって、これまで発動したことのないペイオフが発動することになった。これにより預金者の約3%程度とはいえ数千人が、適用対象になったと思われる。
「はやぶさ」の帰還が話題になった2010年9月11日、日本振興銀行の経営が破綻するのである。これによって、これまで発動したことのないペイオフ(預金保護)が発動した。これにより、預金者全体の3%程度とはいうものの数千人を超える預金者が、適用対象になったと想像される。
いわゆる外貨預金⇒銀行で取り扱っている資金運用商品の一つを指す。外国の通貨によって預金する商品。為替変動による利益を得る可能性もあるが、同じ原因で差損が発生するリスクもある(為替リスク)。
全てと言っていいほど株式を公開している上場企業の場合は、企業活動の上で必要になることから、株式に加えて合わせて社債も発行するのが一般的。株式と社債の違うところは、返済義務の存在である。覚えておこう。
よく聞くFXとは、要は外国の通貨をインターネットなどを利用して売買して利益を出すハイリスク、ハイリターンな取引である。FXは外貨預金や外貨MMFよりもかなり利回りが良く、さらには為替コストも安いというのがポイントである。身近な証券会社やFX会社で始めよう!
ムーディーズなどの信用格付機関による格付けの長所は、膨大な財務に関する資料の理解が不可能であっても評価によって知りたい金融機関の経営の健全性が判断できる点にあるのだ。ランキング表を使えば健全性を比較することも可能ということ。
よく聞くFXとは、簡単に言えば、補償金をもとに外国の通貨を売買することで証拠金の何倍もの利益を出す取引なのである。ほかの外貨預金や外貨MMFにくらべると利回りが良いことに加え、手数料等も安いというメリットがある。はじめたい人は証券会社やFX会社へどうぞ。
西暦1998年6月のことである、大蔵省(省庁再編後財務省)銀行局や証券局等が所掌していた事務のうち、民間金融機関(民間資本によって運営される銀行等)等の検査・監督に係るもののセクションを区分して、総理府(現内閣府)の新たな外局として金融監督庁なるものができあがったとい事情があるのだ。
ほとんどの株式を公開している上場企業なら、事業の上で必要になることから、株式と社債も発行するのが普通。株式と社債の一番の大きな違いは⇒返済しなければならない義務があるかどうかなのです。
【用語】ペイオフとは?⇒不幸にもおきた金融機関の倒産などに伴い、預金保険法で保護される預金者(法人等も含む)の預金債権(預金保険法の用語)について、預金保険機構が保険給付として預金者に直接支払を行う事を言います。
"東京証券取引所(兜町2番1号

スポンサーサイト